沖縄移住 暮らし

【25歳で沖縄移住しました】生活で感じた必要なもの9選・必要のないもの6選

2022年2月15日

こんにちは!

本土から沖縄移住してきた「みさ」といいます!

 

今回は沖縄移住生活で必要なもの・必要ないものをまとめました。

 

悩んでる人

沖縄移住を考えているけど、何が必要なの?

沖縄暮らしに必要ないものってあるの?

 

そんなお悩みをお持ちの方に対して答えていきます!

 

本記事の信頼性

この記事を書いている私は本土から沖縄に移住してきて2年目となります。

結婚を機に沖縄に嫁いできました。

沖縄の暮らしやお店などを発信しているInstagramのフォロワーは現在4000人

 

本記事では、沖縄移住を計画している方に向けて、沖縄暮らしに必要なもの・必要でないものについてまとめています。

本記事を読むことで、沖縄移住をする際に必要なもの・必要でないもの明確になります。

 

 

沖縄移住者が語る沖縄移住生活で必要なもの

まずは沖縄移住生活で必需品をまとめます。

沖縄暮らしの必需品

①車・運転免許

②除湿機またはエアコン

③湿度計

④夏服(多めに)

⑤サンダル

⑥布団乾燥機

⑦サーキュレーター

⑧虫対策グッズ

⑨紫外線対策グッズ

実際に私が沖縄に暮らして、必要だなと思ったものをまとめてみました!

1つずつ解説していきます!

 

①車・運転免許

那覇市や浦添市周辺に住むのであれば、バスやモノレールを利用できます。

しかしそれ以外の場所は、車がなければ移動手段がありません

沖縄は狭いですが、車がないと不便なので1台はあった方がいいと思います。

我が家は夫婦2人暮らしで、車は1台持っています。

夫の職場が家から近く、徒歩で行けるため、車は1台です。

住む場所を考慮して、車を持つか考えましょう!

運転免許は考えるまでもないので、説明は省きますね!笑

 

②除湿器またはエアコン

沖縄は高温多湿の気候であるため、除湿器またはエアコンが必須です。

我が家は除湿器を購入せずに、エアコンの除湿で乗り切っています。

知り合いの移住された方は、こっちに来てすぐに除湿器を購入したみたい。

梅雨時期の辺りから、ずっと除湿は付けています。

それに加えてサーキュレーターも!

沖縄は想像以上に湿度が高く、いろいろなものがカビるので、

湿気対策は必須ですよ!

 

③湿度計

先ほどもお伝えしたように、沖縄は湿度が高いので、

お部屋に湿度計は必須です。

天気予報アプリでも湿度は見れるのですが、

外の湿度の情報となります。

外と中では湿度が若干違うので、湿度計はあった方がいいと思います。

ちなみに、梅雨前後や台風の時は部屋の中でもだいたい70%であることが多いです、、

(外は75~80%以上が多い。天候によって変わる。)

冬は50~60%くらいでちょうどいいくらいです。

 

④夏服(多めに)

沖縄は夏が長いです。(秋がほとんどない)

半袖の期間としては、4月から10月まで。

11月・12月も日中は日差しがあれば半袖でも過ごせることも。

夏服は多めに持ってくるのがベストです。

ちなみに冬は12月~2月の期間です。

 

⑤サンダル

先ほどもお伝えしたように、沖縄は暑い日が多いので

サンダルも必須となります。

冬でもサンダルを履いている人を見かけます。

また、海に行く際は裸足ではなく、サンダルを履く方がいいです。

海自体は綺麗だけど、何が落ちているかわらからないので

怪我のリスクがあるためお気を付けを…

 

 

⑥布団乾燥機

沖縄は湿気大国な上に、晴天率が意外にも低いです。

雨や曇りの日が多いので、布団乾燥機はあった方が便利です。

我が家はベッドで寝ているので、マットレスを外には干せません。

布団乾燥機があれば、電源を押すだけで乾燥してくれるので重宝しています!

しかもダニ対策にもなるので、一石二鳥ですよ♡

 

⑦サーキュレーター

サーキュレーターがあれば、電気代の節約にもなります。

冷房の設定温度を28度にし、サーキュレーターをすることで

効率良く部屋中に空気を循環させることが出来ます!

我が家はエアコンの除湿(27度設定)+サーキュレーターで、

夏も乗り越えています。

サーキュレーターがあれば十分涼しいので、この設定でも大丈夫。

また、雨の日の部屋干しの際にもサーキュレーターがあれば、より乾く時間が早くなります。

 

↓サーキュレーターはアイリスオーヤマを使用しています!

 

⑧虫対策グッズ

沖縄は虫が多いです。またGが本土の2倍でかいです。

恐ろしくて出会いたくもないですが...(まだ出会ったことないです)

出会わないためにも、虫対策グッズは必須です。

Gはエアコンのホース(外にあるホースで水が出てくるところ)の穴から入ってきます。

そのため、その穴を防ぐと入口が封鎖できます。

この封鎖できるものは100均で売っていますよ!

あとは、万が一Gが入ってきたときのための撃退スプレーも必要ですね。

また、コバエなども入ってくるので、虫全般に効くスプレーがいいかも。

 

⑨紫外線対策グッズ

沖縄は紫外線がとても強く、日差しが痛い。(と私は感じます)

ジリジリするような日差しが、こんがりと肌を焼けにかかってきます。←

だから、日焼け止めやサングラス、アームカバー、帽子は必須です!

日に焼けてもいいよという方でも、沖縄の日差しは火傷レベルの日焼けとなるので

日焼け止めは塗っておいた方がいいです。

日常を過ごすだけでも、日焼けはするので、、、

日焼けをしたくないという方は相当徹底する必要があります。

また、海に入る際もビキニや海パンだけで入ると、

日焼けのしすぎで後悔することになるので、ラッシュガードを着ることをおすすめします。

 

↓私が実際に使用している帽子!(写真のもの)

 

みさ
沖縄暮らしの必需品としては、湿気・日差し・暑さ対策のグッズがメインですね。

あとは移動手段をどうするかはあらかじめ考えておいた方がいいかなと思います!

次は沖縄暮らしで必要ないものをまとめています。

 

移住者が語る沖縄暮らしで必要ないもの

沖縄は気候が本土とは違うこともあり、必要ないものもあります。

沖縄暮らし必要ないもの

①コート

②手袋・マフラー

③革製品

④加湿器

⑤自転車

⑥花粉対策グッズ

 

こちらも私が実際に暮らしてみて、必要ないなと思ったものを

まとめてみました!

 

①コート

沖縄の冬は本土よりも暖かいです。

平均気温は17~18度で、寒いと思うときでも12度くらい。

10度を切るときはほとんどありません。

しかも、車での移動がメインのため沖縄でコートは着たことがない。

帰省のとき用にコートを持っていくだけでいいと思います。

荷物が多いとカビてしまうこともあるので…

 

②手袋・マフラー

先ほどもお伝えしたように、沖縄の冬は暖かい方なので

手袋・マフラーも必要ありません。

私自身、マフラーを持ってきたのですが、

これも1度も使っていないため、実家にあげようと考えています。笑

こちらの冬になれてしまうと、本土の冬が耐えられない気がしています。笑

 

③革製品

結論から言うと、使わない革製品はカビます。

使う頻度が多い財布やキーケース等は今のところ、

カビたことはないのですが、

ブーツやカバンはカビるので要注意です。(経験済み)

革製品は高価なものが多いので、カビた時の衝撃が大きいので、

沖縄には持ってこない方が吉。

風通しのいいところに置くといっても限界があるので、

お気をつけください。

 

④加湿器

もうそろそろ聞き飽きたと思いますが、沖縄の湿気に

加湿器は必要ありません。笑

加湿器がカビてしまうので、買うのもおすすめしません。

冬は夏よりも湿度は低いですが、

加湿器を使うほどではないので大丈夫です。

 

⑤自転車

住む場所や職場と家の距離にもよりますが、

沖縄で自転車に乗っている人は少ないです。

車やバス・モノレールで移動している人が大半。

たまに那覇周辺では自転車に乗っている人も見ますが。

自転車よりも、原付バイクや車がダントツで多いです。

 

⑥花粉対策グッズ

沖縄はスギが植えられていないので、花粉が飛んでいません

だから、花粉対策グッズは必要ないです。

花粉症持ちの方には朗報ですよね!

 

 

沖縄は本土とは違う気候なので、

気候に合わせた必需品があります。

移住を計画している方はぜひこれらを参考にしてみてください!

 

みさ
沖縄移住される方は必要最低限のものだけでいいと思います!

必要になれば沖縄で買えばよいかと!

少しでも参考になればうれしいです♡

-沖縄移住, 暮らし